芝桜の病害虫

芝桜の病害虫 ―芝桜の育て方―

芝桜が一面に咲いている様子は本当に美しいですよね。

そんな芝桜を自宅で育てることが出来たら、素晴らしいと

思いませんか。

芝桜を育てたことがない、育てているけどうまく育てる

ことが出来ない、そのような方の為に作ったサイトです。


                                             管理人

芝桜の病気や害虫対策

芝桜は、茎が繁ると両隣と密着し葉が絡んだように伸びてい
きます。


小まめに間引きなどをすれば良いのでしょうが、雨が多かっ
たり日差しが強かったりで成長速度も変わっていくので蒸れ
ないように注意する事が必要です。


草花は蒸れを嫌いますし、繁りは害虫を呼び寄せ病気にして
しまいます。


多湿を好まないのは植物なら殆どがそうですから、綺麗に咲
かせる為には手を掛けてやる事も大切になります。


芝桜は主にセンチュウという病気に掛かりやすいようです。
寄生虫のような病気なので、根をやられるとどんどん広がっ
ていきます。


早めの対処が良いので、茶色く変色してきたら薬を撒いて病
気を広げない事が大切です。


病害虫は特に初夏から秋にかけて発生します。


最近は気象状態が安定しませんから、大雨の後の気温が上昇
した時が一番危険であるとも言えるでしょう。


除草はまめに行い害虫が寄り付かない環境を作るのが第一条
件ですが、虫がいるようなら薬剤を巻きましょう。


噴霧器が便利ですが面積が小さいなら霧吹きが代用できます。


スポンサード リンク